英語を勉強する理由

言語を学ことは簡単な過程ではありませんが、非常にやりがいのあることである。英語を学ぶことは、英語が世界的な語源で世界中に復旧しているという理由から、より利点があります。
これは、英語を学ぶことが、他語源をまなぶことよりもさらに有益であることを意味します。

人とのコミュニケーションを図る
コミュニケーションとは、最も基本的な人間の生まれ持った才能であり、英語を学ぶことは、何よりもコミュニケーションに役立ちます。
世界の10億人以上がある程度流暢な英語を話し、さらに多くの人々がそれを学んでいます。世界中のどこを旅行しても、英語を話せる人がいるでしょう。それゆえ、旅行でコミュニケーションをとるためには、英語が必要不可欠だといえます。もっと身近なところで、オンラインでコミュニケーションをとる場合で、ほとんどのウェブサイトやオンラインは英語が使われています。

公式なレベルでは、英語は、外交上のコミュニケーションにとって主言語である。国連や欧州自由貿易連合、北大西洋条約機構を含め多くの国際的で多国籍な組織でも主言語として使われています。

どちらも相手の言葉を話せない時、英語がもっとも多くのコミュニケーションの手段となります。

知識に近づく
スポーツから科学の分野においても、他言語に比べ英語での情報が最も多くあります。前に述べたように、英語はウェブ上でも主要な言語で、その情報にアクセスするためには、英語を理解する必要があります。

旅行をするときには、多くの観光客が集まる大抵の場所では(そうでない場所でも)、英語の本や雑誌、新聞を見つけることができます。旅行をすると、必ず英語の読み物を見つけることができます。また、英語のニュースやテレビも世界中で見ることができます。

人とのコミュニケーションを図る英語で書かれ、発行された本や情報に加え、さらに多くのものが英語に訳されています。作品が他言語に訳される場合、大抵の場合、英語で最初に翻訳されます。

教育
英語は、教育にとって非常委に重要です。それは、学校や成長を続ける研究分野でますます必要な科目とされています。海外で学び、外国人の学生とコミュニケーションをとりたいと考えている人も、英語が必要になることでしょう。

スキル
科学や航空学、コンピューター、外交、観光等の多くの分野で、英語が第一言語であり、ますます人々のキャリアに必要とされています。この傾向は、世界を身近にしているコミュニケーションや旅行と同じように成長しているようだ。
昔は英語を勉強しただけで十分でしたが、仕事での環境などは、ますます英語が必要とされてきています。

英語を学ぶことは、いまや履歴書用の経歴で見られるだけではありません。英語が理解できる人は、どんな組織にとっても価値があり、昇進にも有利です。インターネットから情報を得たり、外国の顧客とコミュニケーションをとるとき、英語は明確なスキルとなります。

映画
どの映画館に足を運んでも、多くの英語のタイトルを見る事ができます。英語を学ぶことによって、これらの映画をさらに楽しむことができます。また、映画を見ることで、学ぶこともできるでしょう。学習と遊びが一緒になっていると言えます。

知識
外国語を学ぶことは、多様な認識能力になるということが、科学的に証明されてきています。英語を学ぶことで、人々は、価値のあるスキルを学ぶと同時に知力を増すことができます。

もちろん、人々は、英語を学ぶ様々な理由を持ち、これらが、唯一の利点ではありません。しかし、明らかに、英語を学ぶことは、他言語にはない利点をもたらします。英語を学ぶことに挑戦している誰にとっても、これらは多大な励みとなります。

大阪の英会話学校

Welcome to my website!

アメリカの大学を卒業し日本で英語を教えています。経験豊富な講師とリラックスできるレッスンを!
低価格でどのようなレベルの方にも対応させていただきます。

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Back to Top