英語の歴史

現在英語は国際的なコミュニケーションの優位な言語となりました。 およそ1500年前に、イギリスの侵略者の言語から、今日の世界の共通語へと徐々に変化し、発展してきました。

5世紀、ローマ帝国がしだいに崩壊していたとき、ユトランド半島と南デンマークのゲルマン民族は、現在のイギリスの場所に動き始めました。これらの部族は、イングランドに到着する間に使われていた、ケルト語とラテン語に取って代わり、ドイツ語に似た言葉を話しました。イングランドという地名の由来は、Angles(アングルス)からきています。

西暦450年から1100年までの英語は「古英語」(オールドイングリッシュ)と呼ばれています。
この時、比較的少ないケルト語が吸収され、850年ぐらいかバイキングの襲撃と植民地により古英語に多大な影響を及ぼしました。そして、ゲルマン民族語が英語に持ち込まれました。

7世紀、イギリス人のキリスト教への改宗と同様に、イギリスのローマ支配の痕跡はいくつかのラテン語の単語を言語に使うようになりました。 しかしながら、これらは、当時、主に宗教と関連していて、言語への影響は比較的小さいものでした。

近代英語を話す人にとって、ほとんどの古英語の発音と単語は理解できないでしょう。
近代英語の最も多くの常用語の約半分には、古い英単語からのルーツがありますが、発音はかなり変化しました。
そして、近代英語の単語の大部分には、他の起源があります。

西暦1100年から1500年は、中英語(ミドルイングリッシュ)といい、英語の発達させることの主要な次のステージでした。
この2回目の大きな変化が、英語を大いに発展させました。

1つはすばらしい母音の変化でした。 英語で使用される母音において、言語学者によってまだ論争されていますが、それによりかなりの変化がありました。この主要な結果は、多くの母音が、より短くなったということです。

英語の歴史別の主要な影響はイギリスのノーマンの征服でした。 ノーマンはゲルマンの影響でフランスの言を話しました。 およそ200年間、英語は平民の言葉でしたが、フランス語は貴族と政府の言葉でした。

ノーマン治世の時代、英語は(文法における性の表現を辞める)いくつかの方法で簡単になってきました。
「牛」と「牛肉」のような単語でこの例を見ることができます。 平民は牛の世話をしたので、「牛」(cow)という言葉を動物のために保有していました。 しかしながら、ほとんどの貴族は牛肉食べていたので、動物の肉について「ビーフ」(beef)と言うフランスから来た言葉を保有しました。(これらの前は、ビーフではなく、「牛」(cow)と呼んでいました)

次の主要な時代は「近代英語」(モダンイングリッシュ)でした。 ルネッサンスや、読み書き能力の増加、印刷の発明と、印刷機の発明、より多くの本の有用性により、 英文法、ボキャブラリー、およびスペルを標準化する助けとなりました。(最初の英語辞書は1604年に発行されました)。 また、ほとんどの印刷所と政府のをロンドンに置いていたので、ロンドン方言が基準になりました。(いくつかの、他のイギリスの方言は、全く異なっていました)。

世界の技術とイギリスのパワーが増加したことにより、新しいものに、多くの単語と同様に、外国単語を入れました。

1800年から現在までの近代英語(Late Modern English)は現在の目下の英語です。 文法、発音、およびスペルは大きく変化していませんが、単語の数は変化しました。 産業革命と技術界の上昇が、新しい英語の数が大いに増加させました。

また、大英帝国、そしてアメリカの力で世界に影響を与えるにつれて、外国の言葉を英語に取り込むようになったので、他の言葉も同様に英語に影響を与えました。

誰もが、どのぐらい英語が優位でとどまり続けるのかわかりません。けれど技術が急激に増加するにつれて新しい単語の数も増えつづけています。世界での英語の役割が変化するのにつれて、英語は変化し続けるでしょう。

無料体験レッスン申し込み

Welcome to my website!

アメリカの大学を卒業し日本で英語を教えています。経験豊富な講師とリラックスできるレッスンを!
低価格でどのようなレベルの方にも対応させていただきます。

Leave a Reply

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Back to Top